Tatsuro Sasaki Architects

マンションの1室をリノベーションするプロジェクトである。この建物は、長い年月の中で作られた周辺環境やコミュニティが非常に魅力であった。3階の部屋であるものの、緑に包まれた好条件の物件であり、全ての窓から緑のある風景が確保されていた。内部については、住空間として問題の無い性能を確保することが前提であった。アルミサッシの交換や床暖房の設置、断熱性能、遮音性能など、住空間の基本的な性能の強化等が求められた。また、間取りについては、壁式構造であることから、既存の間取りを大きく変更することができないため、既存のプランを活かし、最小限の壁の撤去と追加を行っている。既存の小さな入口を大きな土間空間に更新し、広々としたエントランス空間をつくっています。各部屋を繋ぐ土間空間が、新しい生活の余白として豊かな空間となることを期待している。