Tatsuro Sasaki Architects

滋賀県の新興住宅地に夫婦と子供3人のために設計した住宅である。
街はまだ新しく建売住宅が量産され、画一的で閉鎖的であるが閑静な風景が出来上がりつつあった。
この住宅では、街に対していかに生活を開いていくかを考えている。街のアイコンとなる特徴的な屋根、屋根に設けた大きな開口部、深い軒先の下には大きな縁側を設け、街との積極的な関係をつくりだしています。内部は、単純な構成のプランとしているが、全ての扉を引戸とすることや、部屋と部屋を繋ぐ小さな窓を設け、風の流れをつくることにより、視線や風の抜ける気持ちのよい空間をつくっています。
また、スタディコーナーや収納をあえて廊下につくることや、ロフトに窓を設け立体的に空間を繋ぐなど、回遊性があり建物全体を満遍なく使えるように計画しています。屋根裏床下の熱を交換するエアダクトを採用し、エアコンにできるだけ頼らない環境負荷にも配慮している。