Tatsuro Sasaki Architects

この住宅は、坂道が特徴的な閑静な住宅地にある。坂を登り小高い丘の上の一画が敷地であり、家の目の前には、樹木が生茂る公園が、前庭のように隣接している。

建物は、白く小さな切妻屋根の家とし、住宅地のスケール感を保ちながら特徴的な外観をつくっている。公園の樹木が見える2階には、大きな開口を設け、目の前に広がる公園の風景を取り込む計画としている。

内部の白い空間の中には、木目が荒く美しい唐松合板の家具を「行為」が生まれるオブジェクトとして配置した。

また、この住宅では、一般化された「室」を並べる空間の作り方ではなく、家具やモノによって生まれる「行為」から空間の大きさや設えを、ここで暮らす家族のために丁寧に構築することを試みた。

それぞれの家族や個人によって、ライフスタイルは異なり、何を優先し空間をつくるかは様々である。ここでは、家族で料理をするキッチンは、広く豊かな設えに。家での仕事スペースは、子供の気配を感じる事が優先された。また、寝るための場所は、小さく落ち着きのある空間とし、ユーティリティは光を取り入れるため、大きく清潔感のある空間としている。

限られた空間の中で、独自のプライオリティを設け、空間の比率や大きさの程度をコントロールすることで、他にないこの家族のための家が出来上がっている。