Tatsuro Sasaki Architects

マンションの1室をリノベーションした計画である。既存の間取りは、標準的な3LDKで、細長い廊下、暗い和室、小さな玄関とマンションの一般的な間取りであった。必要以上に仕切られた廊下で繋がる複数の個室は、風の流れを妨げ不健康な印象であった。そこで、必要のない個室の内装を解体し半スケルトン状態にし、「風の通り道」をつくる計画としています。リビングはできるだけ広くつくり、風が流れるように計画している。また、全ての扉を引戸にすることで、開口するとワンルームの緩やかに繋がる空間となるように内部空間を再構築している。リビングの大きなカーテンは、風の流れを視覚化しより気持ちの良い空間を演出している。