Tatsuro Sasaki Architects

この住宅は「自宅のキッチンを街に開放したい」という料理家である奥様の思いからプロジェクトがはじまった。また、敷地内につくられる庭は、「食べられる庭(エディブルガーデン)」をつくりたいという要望から、食べられる植物を中心に庭のデザインを考えることとなった。家と庭の配置を、できるだけ等価に考え庭が家に接する面ができるだけ大きくなるような配置計画としている。

 家の中心には、大きなテーブルを設け、このテーブルから様々な出来事が発生するような構成を考えた。テーブルは、料理の為の作業台であり、家族での食事、街の住人や子供達とワークショップをする等、様々に利用される。
キッチンに立つと、家全体を把握できると共に、庭へも視線が抜ける構成となっている。緩やかに傾斜した地形を家の内部空間に取り込み、建物の奥にいくにつれ庭に繋がりながらレベルが変わる立体的なワンルーム空間としている。