Tatsuro Sasaki Architects

北海道の最北端稚内市にこの家はある。御夫婦とお子様2人の4人暮らしの住宅の設計を行った。

建物は、リビング、ダイニング、寝室、子供部屋など、小さな個室が集まる構成であるが、それらの部屋
を繋ぐ大きな吹抜け空間がこの家の特徴となっている。

各個室には、吹抜けに面する開口部を設け、それらの開閉により家族のコミュニケーションが生まれるよう
に配慮している。玄関から延長するこの空間は、家の中心に配置され、どの部屋からも家族の様子や気
配が伝わる「つなぎの間」として機能する。

また、熱環境については、外断熱工法を採用し、建物全体を断熱材で包みこんでいる。室内全体を一つの
ワンルームと捉え、室内空気が建物全体に循環するように、壁内、あるいは床に通気口を設けるなどの
工夫をしている。